相続対策には不動産鑑定を

相続対策は不動産の価値を知ることから

トラブルを避けるため、早めに相続対策をしておきたいという方も多いのではないでしょうか。遺産相続のトラブルの原因は、圧倒的に不動産が多いといわれています。不動産は、他の資産に比べて「高額」「分割しにくい」「価格が分かりにくい」という特徴があります。そのため現金よりも争いの種になりやすいのが、不動産なのです。円満な相続のためには、まず不動産の正確な価値を把握することが不可欠です。

しかし、不動産の客観的な価値を把握するのは簡単ではありません。周辺環境や駅への距離、相続人の価値観などで、不動産の価値は変わってくるからです。そこで、公平な立場から正確な価値を判断する「不動産鑑定士」が求められています。不動産鑑定士は、土地・建物の価格を専門家の立場から判断する業務を行っています。

納めすぎた相続税を取り戻せる可能性も

相続で必ず発生する相続税ですが、この相続税を納めすぎているケースは驚くほど多いです。一度納めた相続税は戻ってこないと思われがちですが、実は5年以内であれば還付を受けられる可能性があります。多くの方が税理士に依頼して相続税申告書を作成し、そのまま税金を納めることが多いでしょう。しかし、申告された土地の評価を不動産鑑定士が改めて行ってみると、税額が大幅に下がることも多いのです。

もちろん、土地評価のルールに従って法的に正しい評価を行いますので、税務署では積極的に検討してもらえます。不動産を複数お持ちの方は相続税が高額になりやすいため、多額還付の可能性が高くなります。「相続税を払いすぎたかもしれない」という方は、ぜひ不動産鑑定士に相談することをおすすめします。

大分で不動産鑑定のことなら、ひかり補償鑑定株式会社にご相談ください。不動産鑑定士が相続に伴う鑑定評価や相続税のアドバイスを行っております。査定や相談費用、鑑定料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。

ホームへ戻る

 

 大分県大分市舞鶴町1丁目2番15号
TEL:097-532-5344
お問合せ: