不動産の正確な価値を知るために

大切なご家族には、財産を残しておきたいと考える方は多いことでしょう。
財産のなかで多いのが、土地や一戸建てなどの不動産です。
不動産は価値が高く、時代や立地条件によって価値が変動しますが、不動産の価値は算出方法でも変わることをご存知でしょうか。

不動産の価値が変わる理由

不動産は、場所や目的によって不動産評価額が大きく変動します。
例えば更地である土地は、土地のみが実勢価格となります。
しかし、マンションやアパートなどの賃貸物件の場合、土地と建物だけで実勢価格をだすことはできません。財産評価基本通達では賃貸物件と土地で評価されますが、不動産鑑定士は家賃収入がどれくらいあるかも考慮して、評価した価格をだします。

財産評価基本通達とは、国税庁が提供している不動産の価値を決める1つの基準です。
しかし、財産評価基本通達は1つの簡易な基準ですから、必ずしも正しい価格を算出できるわけではありません。財産評価基本通達では、土地を相続税路線価で評価します。
しかし、同じ大きさの土地でも、場所によって市場価値は全く異なります。
このように不動産の価値はとても曖昧で、注意が必要なのです。

問題を解決するには

曖昧な不動産の価値を客観的に決めるのが、不動産鑑定士です。
まずは財産評価基本通達による不動産の価値を算出し、不動産鑑定士に不動産査定の依頼をすることをおすすめします。不動産鑑定士は立地場所や環境など様々な条件を考慮し、公平な価格をだします。財産評価基本通達と不動産鑑定士を併用し、ご家族にとって有利になる方を選ぶのも1つの方法です。正しい不動産の価値を知り、大切な財産をご家族に残しましょう。

大分市で戸建てや土地の不動産鑑定をお考えなら、ぜひひかり補償鑑定株式会社にご相談ください。ひかり補償鑑定株式会社では、不動産鑑定士や土地家屋調査士、土地区画整理士などの国家資格保持者が不動産に関する様々な問題を解決いたします。

ホームへ戻る

 

 大分県大分市舞鶴町1丁目2番15号
TEL:097-532-5344
お問合せ: