山林所有者が抱える悩み

不動産鑑定士に寄せられる相談として、山や森林の土地価額に関する内容もあります。
特に大分県は山林が多い土地のため、お悩みの方が多いようです。

山林経営は儲からない?

大分県内は自然豊かな山や森林が多く残されていて、先祖代々の土地と共に豊かな森林資源を引き継いできたという方もいらっしゃるかと思います。しかし、近年は海外から輸入した安価な木材や経営にかかる手間暇、人件費といった面から林業のみの安定した経営は難しいというイメージも強まっています。不動産鑑定のご相談にいらっしゃる所有者様の中には、そうしたイメージから「売却を急がなければならない」というプレッシャーを感じている方も多くいらっしゃいます。

健全な山林管理をする必要性

山林経営の難しさとは対照的に、国内にある山林の適切な維持管理の必要性も指摘されています。例えば、温暖化の影響を受けて起こる集中豪雨による土砂災害が各地で懸念されていますが、適切に管理された山地の森林は山崩れを防ぐ方法の1つとして周知の事実です。

また、大分県内の山でもスギやヒノキを良く見かけるものですが、花粉症患者の増大によりスギやヒノキ花粉の拡散防止策が求められています。こうした花粉防止も森林の適切管理によって対策できる部分は大きいものです。

運用は価格を知ることから

私有地の多い日本の山や森林の所有者様は、山林経営が難しい中で適切な管理が求められるジレンマを抱えている方も数多くいらっしゃいます。売却を含めた運用を検討される方も増えていますが、売主と買主の両者がどちらも不利益を被らないようにするためには、まず不動産評価によって土地の適正な価額を知ることからのスタートです。

ひかり補償鑑定株式会社では大分県内の不動産鑑定を承っています。
都市部の住宅地や商業地、農地の不動産鑑定だけでなく、や森林といった一般的にはあまり知られていない土地の不動産査定でも頼っていただける存在として、皆様からのご相談をお待ちしております。

ホームへ戻る

 

 大分県大分市舞鶴町1丁目2番15号
TEL:097-532-5344
お問合せ: