一戸建てとマンションの資産価値

住まいとして一戸建てとマンションの中から選択を行う際に、選ぶポイントは人によりけりです。
その中には一戸建て、マンションの将来的な資産価値の推移を予想することも含まれます。
資産価値はいつまでも住み始めた頃と同じという訳にはいかず、様々な理由から徐々に下落していきます。一戸建てとマンションでは、資産価値の低下にどのような違いがあるのか、ご紹介します。

一戸建ての場合

一戸建ての場合、建物は築20年を経過してしまうと、ほとんど価値を評価されないこともあります。
しかし、これらは建物のメンテナンスを定期的に行うことで、ある程度維持できます。
また、たとえ建物の資産価値がなくなったとしても、土地の資産価値は借地でない限りは残り続けます。

これはマンションと違って、土地を専有しているからこそのメリットです。
戸建を選ぶときには建物だけでなく、土地の資産価値に注目してみることをおすすめします。
資産価値が分かりにくい場合は、不動産鑑定士への相談はもちろん、実際の現場で不動産査定・評価を行うことも可能です。

マンションの場合

戸建てと異なり、マンションは土地を複数の住人で共有しているため、基本的に資産価値は建物に依存します。このため、極端な話ではありますが、建物の老朽化により耐久性などを失ってしまうと、資産価値はゼロに等しくなる可能性もあります。

しかし、日々発達する施工技術の進歩により、マンションの寿命そのものは増加傾向であり、そう簡単に価値がなくなるといったことは起こりません。さらに、マンションは基本都市部にあるという特性上、建物の資産価値は戸建と比べ安定しているのです。

引っ越しなどで大分市を訪れる際は、ひかり補償鑑定株式会社をぜひご利用ください。
不動産鑑定士によって不動産鑑定・査定を行い、将来的にも安定した不動産を探すお手伝いをさせていただきます。この他にも大分市の不動産に関わるご相談を受付けておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 大分県大分市舞鶴町1丁目2番15号
TEL:097-532-5344
お問合せ: