不動産鑑定評価書が役立つ場面

不動産を相続した際に、不動産鑑定を行う方はたくさんいらっしゃいます。
不動産の鑑定を依頼し、資産としての価値をはっきりさせることには、様々な利点があります。
こちらでは、不動産鑑定評価書が役立つ場面をご紹介いたします。

資金が必要なとき

何か新しい事業を始める際には、まとまった資金が必要になります。
資金調達の際、所有している不動産を担保にして、融資を受けることも多いです。
融資を受ける際に不動産鑑定評価書があれば、おおよその融資可能額を把握できるので、事業計画をスムーズに進めることが可能となります。また、不動産の証券化にも役立てることができます。不動産を担保にして資金調達をお考えの際は、不動産の鑑定評価をご依頼ください。

親族間で不動産の取引をする場合

親族間で不動産の売買を行う場合、税法上の観点から見ても売却価格の適正さが求められます。いくら親族間といえども、あまりにも安い価格で売却してしまうと、買主に多額の贈与税が発生する恐れがあります。親族間での不動産売買で不動産鑑定評価書があれば、市場での価格水準を把握できます。また、何らかの問題が生じた場合、税務署に説明する際の資料として活用することもできます。

親族間ではなく、一般的な不動産売却時にも適正な売却価格を設定でき、買い手側の信頼を得ることにもつながります。この他にも不動産売買や現物出費、賃貸交渉など、様々な場面で不動産鑑定評価書を活用することができます。スムーズな交渉を進めるためにも、不動産を所有されている方はぜひ不動産鑑定・査定をご検討ください。

ひかり補償鑑定株式会社は大分県大分市にて、不動産査定・鑑定を行っております。
不動産鑑定士や土地家屋調査士をはじめ、行政書士などの資格を有した専門スタッフが対応いたします。安心して不動産評価・査定をご依頼ください。大分で不動産鑑定事務所をお探しの際は、お気軽にひかり補償鑑定株式会社をご利用ください。

 

 大分県大分市舞鶴町1丁目2番15号
TEL:097-532-5344
お問合せ: